楽天マー君との結婚で一気に株が上がった、”あげまん”里田まいは本当に”おバカ”!?

公開日: : 最終更新日:2013/11/10 結婚, 芸能人の恋愛ニュース , , , , , ,


2012年、東北楽天イーグルスのマー君こと田中将大投手と結婚した、タレントの里田まいさん。

satodamai
(公式ブログより)

マー君は9月に5カ月連続で月間MVPを受賞、シーズンを無敗で最終し、かつ20勝以上挙げた投手のシーズン無敗はプロ野球史上初の快挙。
所属している楽天も球団創設9年目にして初優勝を果たしました。

“おバカタレント”として活躍していた里田さんは、結婚後、夫・マー君を影で支え、その「内助の功」ぶりに称賛の声が上がっています。
「ジュニア・アスリートフードマイスター」の資格を取得したことを自身のブログで発表しており、「マー君を食で応援したい」と料理に力を入れ、栄養バランスを考えた食事で支えてきました。
ブログで紹介した料理は、適度にボリュームがあって栄養面も考慮されたレシピだと、主婦層にも人気があるようです。
また、マー君は結婚後、疲労回復に効果があるグレープフルーツを食するようになり、球団が本拠地や遠征先のケータリングでも採用したそうで、里田さん効果が広がっているようです。

それだけではなく、里田さんは仙台市内でマクロビオティックの料理教室やスポーツマッサージのセミナーにも通い始めているそう。マー君のコンディションニング維持のためならば、どんな努力も惜しまないそうです。

かつての“おバカタレント”と呼ばれていたのが、ウソのような良妻ぶりを発揮する里田さん。
そもそも“おバカタレント”として売り出し直しただけで、おバカではなかったよう。

『ちっともおバカじゃなかった里田まい』としてこんな記事も。

————————————————–

注目を浴びているのが「おバカタレント」としてブレークした妻・里田まいの内助の功だ。

「里田は田中を支えるために芸能活動をセーブ。楽天の本拠地がある仙台の仙台駅にほど近い高級マンションで田中のことを第一に考えた生活を送り、アスリートの食のサポートを目的にした民間資格であるジュニア・アスリートフードマイスターを取得。合格率は90%台で、国家資格である調理師免許や管理栄養士ほどの難関ではないものの、資格を取得できたということは、クイズ番組で見せつけていたおバカぶりは演技だったに違いない」(芸能記者)

里田のブログを見ると、毎回、田中が家にいる時の食卓にはご飯と汁物以外に6~7皿のおかずが並ぶが、そのレパートリーは多彩。油を一切使わない「鶏胸肉のカツ」、「豚ヒレ肉の照り焼き」、金目鯛で作った「アクアパッツァ」、オーブントースターで焼いた「ちくわの納豆チーズ乗せ」、オリジナルのパスタ「枝豆のペペロンチーノ」、「タコの和風マリネ」、「ホタテとニンニクのおろしポン酢」などなど。

「里田といえば、自身のブログのタイトルを『里田米』としているほどの米好きで、三年前から佐渡島で『里田米』プロジェクトを始動させて販売。すでにおいしいごはんの食べ方について書かれた本を発売しているが、各出版社が水面下で里田のレシピ本争奪戦を繰り広げているようだ」(同)

今オフにはメジャー挑戦を表明する可能性が濃厚な田中だが、海を渡っても里田のサポートがあれば日本と変わらぬ活躍を期待できそうだ。
(引用元:リアルライブ)

————————————————–

したたかなのは料理だけではないようです。

里田さんは夫の過去に築き上げてきた人脈を汚さないように、恩師や大切な知人のもとへ自ら出向いて結婚の挨拶に回ったり、お中元、お歳暮、年賀状と節目の挨拶だけは絶対に欠かさないそう。
最初は、里田さんがタレントと聞いて顔をしかめていた監督や球団関係者も、『マー君は、本当に出来た嫁さんをもらったよ』と口を揃えて高評価しているそうです。

もともと、つんくさんプロデュースの『カントリー娘』として活躍、その後島田紳助さんが司会を務めていたクイズ番組でブレークした里田さん。
当時、島田紳助さんの『喜び組』とも言われた関係あった女性タレントたちのなかにはもちろん里田さんの名前も。
その中でも、里田さんは勝ち組と言われています。
とりわけ、楽天・田中将大投手との結婚を発表した里田さんは『大金星』で、
「いくら“名器”とはいえ、これから何十億と稼ぐであろうマー君をゲットしたのは凄い。お見事のひとことです」と言われるほど。
逆に負け組と言われているのは、スザンヌさん、misonoさん、神戸蘭子さんなど。
スザンヌさんは、喫煙が原因で高校を中退したとウワサがあり、不倫の末略奪婚し、最近妊娠を発表。
夫の斉藤和巳さんは、結婚後引退しコーチをしていますが、彼の女癖の悪さは有名らしいので、不倫報道ののち離婚なんてこともあるかもしれませんね。


いろいろなエピソードから見ても、彼女はかなりしたたかなようですし、おバカは戦略だったのでしょう。


そして、泥沼離婚劇の末に多額の養育費をもらうことで決着のついた紗栄子さん。
ダルビッシュ投手と結婚する前は、CMにチョイ出していたくらいしか知らなかった彼女も「あのダルビッシュ投手とデキ婚」ということで一躍有名に。
今や『ファッションリーダー』的な存在となり、雑誌の表紙を飾るなど憧れタレントの地位を築いています。
しかし、プロデュースしたブランドはパクリ疑惑、育児放棄とのうわさもあり、本当に成功しているのかはナゾ…
どちらにせよ、彼女も自分をあげた”あげまん”であることは間違いないと思います。

里田さんにせよ、紗栄子さんにせよ、本当は裏表があるのではないかとまで思わせるしたたかさやあざとさがそういう印象に見せてしまっているのでしょうか。
非常に『自己プロデュース能力の高い人』であることは間違いなさそうです。

ちなみに、里田さんが持っている「ジュニア・アスリートフードマイスター」の資格は芸人の小島よしおさんも持っているそうですw

 

LINEで送る
Pocket


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


follow us in feedly

 
     
  • 芸能広場
  • Sorry. No data so far.



PAGE TOP ↑