ヤラセ連発!ほこたてフジテレビのやらせ歴史は堺のあるあるから!

公開日: : 最終更新日:2013/11/10 映画・テレビ, 芸能ニュース ,

フジテレビで放送されていた人気バラエティー番組『ほこ×たて』。
この番組で、やらせ演出があったとして、出演者がブログで告白したことから明らかになったこの問題。
フジテレビ「ほこ×たて」でやらせ発覚!出演者がブログで告発し明らかに…

 

今回の問題からフジテレビが調査した結果、過去88回の放送で、撮影した順番の入れ替えやルールの変更など、6件の偽造演出を確認したとのこと。

フジテレビの視聴率獲得のための貪欲さに、視聴者からもそっぽを向かれていることは間違いないでしょう。それだけではなく、社員からも賛否の声が上がっているそうです。
『ほこ×たて』は、月曜深夜に放送していた番組で、人気が出たためゴールデンに昇格。視聴率の3文字がチラつきだしたのか資金力がついたのか、深夜時代に比べて派手な演出になり、結果内容を都合よく編集していたようです。

フジテレビの社員の反応は、

【以下引用】
—————————————-
中堅ディレクターA氏が語る。

「正直、対決の順番を入れ替えたり、ゆっくりと車を走らせてもらうぐらいのことは日常的に行なわれている演出のひとつ。 これをやらせと言われたらキツい。ただ、ラジコンカーを強引に負けさせたことと猿の一件はやりすぎ。モラル的に許されないでしょう」

一方、若手社員B氏はこう話す。

「フォローが甘かったんだと思う。過去に2回、ラジコンの人が“過剰な演出”を受け入れてくれたから、今回も大丈夫だとタカをくくっていたんじゃない? 丁寧に交渉すれば、こんな結果にならなかったはず。もったいない」

まるで運が悪かったと言わんばかりの口ぶり。ふたりともどこか他人事(ひとごと)である。
(引用:週プレNEWS )
—————————————-

どなたかまったく知りませんが、完全に人のせい。どうでもいいや感満載ですね。

先日の『とんねるずのみなさんのおかげでした』の人気コーナー「男気じゃんけん」に登場した、静岡の歌手・富士たかしさんへの扱いが途中エスカレートし、フジテレビ特有の「内輪ノリ」がネットでもかなり叩かれたフジテレビ。

その前には、8月に放送した『FNS27時間テレビ』内で、『めちゃイケ』の加藤浩次がAKBのまゆゆこと渡辺麻友さんが顔を蹴られたことで、放送倫理・番組向上機構BPOが「暴力行為では?」と審議を開始したばかり。

過去には、堺正章さんとヒロミさんが司会をつとめていた『発掘!! あるある大事典』も、データねつ造で打ち切りとあいたたたの汚点オンパレード。

——————————
「10年まで7年連続で視聴率三冠王だったのに……。今思えば、ケチのつき始めは11年の(韓流偏向)抗議デモだったのかな。 あのとき、まともに対応していれば、ここまで嫌われることはなかったはず。当時は社内の誰もが、あれを視聴者の声だと思っていなかった」(前出・A氏)
(引用:週プレNEWS )
——————————

アフォか!

すでにネットでは、「蛆(ウジ)テレビ」と呼ばれ嫌いな人も多数。私も個人的にあまり好きではないですw

今までは、ものすごく遅れていて遠い存在に見えたテレビ東京がメキメキヒット番組を出し、好きな女性アナウンサーでも黒星。ロケの多いテレ東を学んでか、やけにロケに出かける番組が増えてきたフジテレビ。

社長が代わったことで、体制も一新するとも言っていましたが、大企業にありがちですけど、おそらく上の人がダメなんでしょうねぇ。
いつまでも成功体験を持ち続けて、足元も見ないようじゃダメですよ。

LINEで送る
Pocket


スポンサードリンク



follow us in feedly

 
     
  • 芸能広場


PAGE TOP ↑