役者・ピエール瀧が人気!あまちゃん、凶悪、そして父になるなど話題作に出演

公開日: : 最終更新日:2013/11/10 映画・テレビ, 芸能ニュース , , ,

電気グルーヴのピエール瀧(46)さんが、役者として注目されていると話題になっています。

taki

【以下引用】
———————————————————

役者・ピエール瀧(46才)に注目が集まっている。NHK連続テレビ小説『あまちゃん』、映画『凶悪』、『そして父になる』と話題作に立て続けに出演。ユーモアを感じさせる寿司店の大将から、元ヤクザの死刑囚までを演じ切り、抜群の存在感を見せている。
「あの独特のキャラクターは、ほかにいません。脇をしっかりと固める役者として今、映画関係者の間で必ず名前が挙がるひとりです」(映画関係者)
本業は役者ではない。石野卓球と組んだテクノバンド、「電気グルーブ」のメンバー、ミュージシャンだ。1990年代は音楽関係での仕事がメインだったが、2000年以降は、映画、ドラマなどで役者としての起用が目立っている。

映画解説者・中井圭さんは次のように語る。

「ピエールさんは電気グルーヴでも演奏をするということはあまりなく、コスプレをしたり、ユニークなパフォーマンスをしたり、特殊な立ち位置にいる。役者もやるけれど、本業は別にある。そういったきちんとカテゴライズできない独特の不確定感をもっている。それこそが彼の魅力だと思います」
今年になってからは『あまちゃん』で、寿司店の大将・梅さんを好演。口数こそ少ないが存在感のあるユニークなキャラクターを演じ、“ジョジョ立ち”するシーンも話題を呼んだ。

一方で、『凶悪』では、新境地を開拓したといえよう。“先生”の指示で残虐極まりない殺人を繰り返す元ヤクザの役で、スクリーンに“凶悪”な姿を見せつけた。

「『凶悪』では、ぼくらが見たかったピエール瀧さんの姿があると思うんです。これまでは『あまちゃん』のように、いい人や、ひょうひょうとしている人、つかみ所がないキャラクターの役が多かった。素材としては、ぱっと見はとても強面なのに、変化球で使われすぎていたんですよね。それをストレートに使ったのがこの作品だと思うんです。それが見るほうにとっては新鮮で、結果的に見事にはまったといえます」(前出・中井さん)

『凶悪』の白石和彌監督も、試写会で「顔はどう見ても怖いのに、氷屋のおやじとか、いい人の役ばかり演じていて何でだろうと思っていた」と、起用の理由を語っていた。
ピエール瀧自身は当初、「自分にこの役ができるのか?」と思ったとあるインタビューで明かしているが、誰もが認めるはまり役となった。見る人に強烈な印象を残したのは間違いない。
(引用:ポストセブン)

———————————————————

それに対してネットでは、

★ピエール瀧と塚地はいい

★最近は舞台上がりの奴よりアーティストの方が役者業でも活躍しているよな

★この前凶悪っていう映画観てきたけど、ピエール良かったよ。

★ついにポンキッキーズ見てた子達が瀧を起用する時代になったか

★顔に似合わず器用なんだろうなぁと思った。だから芸能界で生き残っているんだろう。

と瀧さんの役者としての演技を絶賛!

ピエール瀧さんは、テクノバンド「電気グルーヴ」のメンバー。電気グルーヴは通称・電グルとも呼ばれ、石野卓球さんとピエール瀧さんの2人によるテクノバンドで、「Shangri-La」が大ヒットしました。瀧さんはソロでも、『ポンキッキーズ』や『木更津キャッツアイ』、『ココリコミラクルタイプ』のミラクルさんの声など、過去にも多数出演しています。声だけの出演も多く、聞いたこともある人は多いと思います。

個人的には、瀧さんの声とマイペースさが好きなので、これからもいろいろな映画やドラマに出演してほしいですね。

LINEで送る
Pocket


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


follow us in feedly

 
     
  • 芸能広場


PAGE TOP ↑