藤原紀香が激太り→激やせ→劣化?ドラマの番宣で衝撃画像!

公開日: : 最終更新日:2014/02/23 整形・劣化, 激太り, 芸能ニュース ,

 

女優の藤原紀香さん(42)が、11日に『ファミリーヒストリー』(NHK)、17日にはドラマの番宣で『VS嵐』(フジテレビ系)に出演、その美貌の衰えぶりにネット上で話題となりました。

藤原紀香

 

【以下引用】
————————————————

女優の藤原紀香(42)が、17日に体感型ゲームバラエティ『VS嵐』(フジテレビ系)に出演した。放送中の月9ドラマ『海の上の診療所』(同)で共演している松田翔太(28)、武井咲(19)らとチームを組み、嵐と数々のゲームで対決を繰り広げたが、視聴者の間では話題になったのは紀香の美貌の衰えぶりだ。

 放送中、番組を視聴していたネットユーザーから「紀香ってこんなに老けてたっけ」「顔たるみすぎ」「おばさんを通り越しておばあちゃんみたい…」などといった意見が噴出。実際、画面に映った紀香は両頬がたるみ実年齢よりも老けて見えるほどで、ほうれい線も異常に目立っている。かつては若者のセックスシンボルとしてドラマやバラエティーで活躍し、最近は「40代の美のカリスマ」といわれている紀香だが、その面影は完全に消え去っていた。

 

VS嵐_藤原紀香
↑『VS嵐』出演時の藤原紀香さん

 今年2月に放送されたBSの紀行番組では激太りした姿を見せて心配されたものの、すぐに体型を元に戻してきたのだが…。

「急激なダイエットは、顔がたるんだり肌が荒れてしまうことがあります。紀香さんは元々太りやすい体質だと告白していますが、あまりにダイエットとリバウンドを繰り返すと、顔のたるみが固定化されてしまうことがあるんですよね。テレビで拝見した限り、その傾向が出ている状態だと思います。彼女はダイエット本や美容アイテム販売などで固定ファンをつかんでいますが、このままだとイメージ的にビジネスが難しくなるかも…」(美容ライター)

 紀香といえば最近はめっきり露出が減少しており、『海の上の診療所』は約3年ぶりの地上波ドラマ出演、しかも月9ということでダイエットに気合いを入れ過ぎてしまったのだろうか。

 09年に陣内智則(39)と離婚して以降、紀香は迷走を続けてきた。一部では、運気が上がるというブレスレットや天然石を使ったアクセサリーをスタッフに売りつけていると伝えられ、紀香のオススメ商品を扱う美容サイトで、部屋の邪気などを浄化してくれるという「ヒマラヤ産水晶クラスター」なる物を販売したこともあった。

 加齢とともに人気も急降下し、話題になるのはアナリストとの熱愛・破局や今年4月に一部で報じられた年下の新恋人の存在などスキャンダルばかり。話題作りのために、自ら熱愛をメディアに売り込んでいるともささやかれた。昨年11月に発売した写真集『N.Perfect body』(講談社)で後ろ姿のセミヌードやハイレグ姿を披露するも話題にならず、今年放送されたWOWOWのドラマで濃厚なラブシーンを熱演しても注目度は一向に挙がっていない。

 それでも彼女が芸能界で一定の地位についていられるのは“芸能界のドン”ことバーニングプロダクションの周防郁雄社長の寵愛を受けているからだといわれていたが…。

「最近は周防社長の寵愛が薄れており、扱いも随分と悪くなっているようです。これに危機感を抱いている紀香は、ボランティア活動に熱心になり、秘密保全法案に反対表明するなど、政治や社会問題に興味があることをアピールしている。この狙いはズバリ政治家転身のようです。今まで何度も複数の政党から打診はあったのですが、女優やタレント業に未練があったため全て断っていた。しかし、本業の芸能が怪しくなってきたため、一つの選択肢として考えているようですね」(芸能関係者)

 タレント議員が珍しくなくなったとはいえ、食い詰めた芸能人の受け皿として議員の枠を利用されたら国民もたまったものではない。最後の手段といったところなのかもしれないが、あまり実現してほしくない話だ。

 迷走を続けている紀香だが、その根本的な原因はいつまでも「私はイイ女」という態度を崩さないことだろう。人気下降や加齢を受け入れて相応のポジションで納得し、汚れ役もいとわない覚悟をアピールすれば、もう一花咲かせられそうに思うのだが…。

(引用:Infoseek)

————————————————

藤原紀香激太り
↑激太りと香港メディアにすっぱ抜かれた藤原紀香さん
ダイエットした藤原紀香
↑その後痩せてインタビューを受ける藤原紀香さん

000020

20ad994f-s

↑『ファミリーヒストリー』出演時の藤原紀香さん

 

藤原紀香さんは、1971年生まれの42歳。
ミス日本グランプリを受賞したことをきっかけに芸能界デビューしました。
近年は、女優業のみならず、ボランティア活動や日本赤十字社の広報特使を務め、“第二の黒柳徹子”として活動するのでは?と話題になっていました。

また、9月には自身のブログで政府が進めている「秘密保全法案」について、「国民の一人としていかがなものかと心配しています」とコメントして話題に。

日本の芸能界での政治批判はタブーとされているため、韓国カルト教団の信者の信者ではないかともウワサされています。一方では、そのコメントは政治家転身を狙っての発言ではないかとも言われており、真相は不明です。

美貌とグラマラスボディを兼ね備えた、女性として羨ましい限りの紀香さん。

しかし、いくら努力しても年齢にはやはり勝てないのでしょうか…?
性格がいいとも評判ですし、このまま芸能界で転落してほしくはないと思います。
そんな紀香さんにささげる歌。「夢中で~頑張るキミへ~エールを~♪」

LINEで送る
Pocket


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


follow us in feedly

 
     
  • 芸能広場


PAGE TOP ↑