桜塚やっくんを轢いた男性、禁固刑の可能性も…

公開日: : 最終更新日:2013/10/20 お笑い, 芸能ニュース ,

今月5日に交通事故により亡くなったお笑いタレントの桜塚やっくん。
同乗していたマネージャーの砂守孝太郎さんも亡くなったこの事件で、やっくんを轢いてしまった加害者の男性が禁固刑になる可能性が出ているそうです。

桜塚やっくん
過去記事 >> 【悲報】やっくんが交通事故死!先月ブログでは・・・
【以下引用】
————————————————

10月5日、バンド「美女♂MenZ」(ビジョメン)のメンバーは、ワンボックスカーに乗り、熊本県荒尾市に向かっていた。リーダーでお笑いタレントの桜塚やっくん(37・本名=斎藤恭央さん)の運転で山口県内の中国自動車道を走行していたワンボックスカーは雨と霧に見舞われ、下り坂の右カーブでスリップ。中央分離帯に車体右側面を衝突させて止まった。
電話をするため、すぐにマネージャーの砂守孝太郎さんが後部座席左側のスライドドアを開けて外に出ようとした。だがそのとき後続のトラックは彼らの車を避けようとしてスリップし、コントロールを失って砂守さんに向かい突っ込んできた。砂守さんははねられて、車内に転がるようにして即死。トラックはワンボックスカーに衝突した後、中央分離帯にぶつかって止まった。

 

「早くしないとまた後続車が衝突してくると思い、車を出て走りました」(メンバー・伊織)

 

伊織に続いて車を降り、両手を振って後続車を止めようとしていたやっくんは、警察と救急に連絡を取るため、車に戻ろうとする。そのとき、白のステーションワゴンがやっくんに向かって突進。はねられたやっくんは10メートルほど飛ばされ、ワンボックスカーの運転席ドアに衝突した後、中央分離帯に激突した。このステーションワゴンもコントロールを失っていたとみられる。

 

「車の前に倒れていたやっくんを起こそうとしましたが、目を開けたまま、もう意識はありませんでした」(伊織)

 

砂守さんを轢いたトラックは宮崎県内の会社のもので、運転手は50代の男性。やっくんを轢いてしまった車を運転していたのは、北九州市で働く40~50代の職人とみられる。2人にとっても悪夢だった。

 

「法的には加害者にあたる運転手が逮捕されていないのは、今回のケースでは被害者の過失が大きいうえに、轢き逃げやスピード違反ではない。逃亡の恐れもないという判断だろう。運転手にも、前方不注意など何らかの落度はあったと考えられる。その場合、刑事では略式裁判で罰金刑か、起訴されたうえで執行猶予つきの禁固刑になる可能性がある」(交通事故の裁判事情に詳しい弁護士の加茂隆康氏)

 

損害賠償請求で訴えられた場合「加害者がスリップしていると、過失があったとして責任が重くなる可能性がある。責任は加害者7~8、被害者3~2程度が認められる」(加茂氏)

 

雨と霧が、誰にとっても不幸な事故を呼んだ。

(引用:女性自身)

————————————————

現場はカーブだった上、事故当日は雨と霧が出ていたとのこと。
いくら事故にあったからとはいえ、高速道路で手を振って後続車を止めようとしても、見通しの悪い場所であったのもあり、突然人が出てきたような感じで避けることは困難だったのかもしれません。
雨で発煙筒がすぐに消えてしまったと伊織さんがコメントしていることから、やっくんがこのような行動に出たと思われます。
事故にあった時点では、ケガなく全員動いていたことを考えると、事故にあったからと言ってあわてず車内から警察に電話をかければこのような惨劇にはならなかったのでしょうね…
恐らくスピード違反だった可能性もありますし、加害者の過失は0ではないと思いますが、悲劇といえば悲劇。

今年1月、運転していた自動車で男性を轢き死亡させる事故を起こした、元フジテレビアナウンサーの千野志麻さんは無罪だったそう。これに関しては、政治家の圧力やお金の力などウワサされていますが、真相やいかに!?
今頃、長野県・軽井沢の2億円の別荘でゆったりしているのでしょうか…

 

 

LINEで送る
Pocket


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


follow us in feedly

 
     
  • 芸能広場


PAGE TOP ↑