楽しんごが逮捕秒読み!?元付き人への暴力が原因で強風がふきあれそう!

公開日: : 最終更新日:2013/11/10 お笑い, 芸能ニュース ,

「ラブ注入」のギャグとおネェキャラで一躍人気が出た芸人・楽しんごさん。

tanoshingo

もともと整体師で、彼のテクニックを体験した人からは絶賛されています。
しかし、それとは別で以前から何かとスキャンダルな話題をふりまく、疑惑の絶えない芸人でもあります。

これまでにも、自身が経営している整体店において、客に法外な価格でサイドビジネスの勧誘をもちかけたり、楽しんごさんがプロデュースしていた焼肉店「美味しんご」が大盛況だったにも関わらず閉店したりと、とらえどころのない行動が度々話題になっていました。

今度は、以前元相方のすぎはら美里さん(現在は西脇理恵さん)が告発した暴力行為で、ついに元付き人が警察に被害届を出したことから、逮捕秒読みの状態のようです。

【以下引用】
——————————————–

自身の個人事務所で働いていた元付き人・A氏への暴行が一部週刊誌などで報じられている、お笑いタレントの楽しんごが逮捕秒読みであることを発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。

同誌によると、楽は7月21日午前9時過ぎ、A氏が自分が頼んだ時間に起こさなかったとして顔面や二の腕を殴打。
実際、A氏は楽が頼んだ時間に起こしたというが、完全にキレすさまじい勢いで暴行を加えたという。

その件を機にA氏は楽の事務所を辞めることを決意したが、楽は同27日に話し、謝罪したうえで5万円をA氏に差し出し、8月1日にはA氏の口座に100万円を振り込んだうえで、直筆の謝罪の手紙を届けたというが、A氏は示談する気はなく、9月1日に警察に診断書とともに被害届を提出し、9月26日に楽の口座に返還。
そのため、現在、逮捕秒読みの状態だというのだ。

「同誌によると、8月には別の元付き人も楽から暴行を受けたことを警察に相談していたというが、楽にとって付き人はただのストレスのはけ口で、サンドバッグみたいなものだったようだ。所属事務所を通さず、個人で仕事を受ける“裏営業”もこなしていたので、このままだと事務所をクビになってしまうのでは」(芸能記者)

楽といえば、今年1月、以前「Mint姉弟」として、姉弟の設定でコンビ活動していた、相方のすぎはら美里が自身のブログで、
「今までずっと黙ってきましたが、私の大事な友人に拉致暴行し、全治2週間の怪我を負わせた為です。その方は1年、PTSDで病院に通いました」と楽と絶縁に至った経緯を説明。
その時点で“裏の顔”が発覚していたが、もうテレビで楽の姿を見ることはなくなりそうだ。
(引用:リアルライブ)

——————————————–

これまでも元付き人・A氏に、自らの尿糞を強引に食べさせたり、包丁を持ち追い回したりしていたという噂のある楽しんごさん。

それにしても、楽しんごさんは「楽(たの) しんご」さんが正解なの…?

これに対しネットでは、

★こいつも終わりだな

★全盛期からこの人の笑顔は目の奥が怖かった
暴力沙汰の話を知ったときに納得した

★コイツ暴力ふるいそうだもん さっさと逮捕してくれ

★被害届、証拠もあるのにまだ逮捕されないのは変じゃね?

★落しんご

★DV注入W

★楽って苗字あつかいなんだ。

★楽て書くなよwww

以前から黒いうわさが絶えなかっただけに、誰も驚きはしないようですw
ちなみに、この暴力を訴えた元付き人の方は、楽しんごさんが半同棲状態だった彼氏と言われていた男性。
楽しんごさんが経営していたお店の店員さんだそうです。

楽しんごさんは、整体師だけではなく非常に多才な方で、芸人以外の副業を合わせて、6億円程度の年収があると言われています。
自身を活かしたプロモーションで、ダイエット本やリラクゼーションサロン、レストラン、美顔器のプロデュースなどなど…。
閉店してしまったけれど、焼き肉店も連日盛況だったようですし、ビジネスの才能があるのでしょう。
仮に逮捕されたとしても、芸人より実業家として生きて行けそうですね。

LINEで送る
Pocket


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


follow us in feedly

 
     
  • 芸能広場
  • Sorry. No data so far.



PAGE TOP ↑