三谷幸喜の再婚相手は辻仁成の不倫相手だった女優のyumaだった!

映画『清須会議』も公開され、宣伝のため様々な番組に出演していた三谷幸喜(52)さん。

02_02

2011年には、女優の小林聡美さんと離婚し、2013年8月にはかねてから同棲していた一般女性とめでたく再婚されました。

元妻の小林聡美さん似とも言われていたこの女性、実は元女優だったということが判明し、話題となっています。

————————————————
【以下引用】

三谷監督の再婚相手は、99年公開の映画「千年旅人」(辻仁成監督)で、応募総数1200人のヒロインオーディションを勝ち抜いて女優デビュー。「yuma」という芸名で3本ほど映画に出演している。

「辻が00年3月に女優の南果歩と離婚したのは、『yumaが原因じゃないか』なんてウワサされたほど。当時40歳の辻と19歳の彼女の親密ぶりは関係者の間では知られた話で、スポーツ紙などに『新恋人』と報じられていました。顔? 確かに小林聡美のような丸顔で雰囲気だけは似ているかも。スタイルは細身で、かなりいいですよ」(音楽業界関係者)

yumaは、ミュージシャンが本業の辻のプロデュースでアルバムもリリースしているが、その辻は02年に女優の中山美穂と再々婚した。

週刊女性によると、yumaはひっそりと引退した後、早大に進学し、映画製作会社に就職。そこで三谷監督と意気投合したらしい。

前妻と同じ女優をしていたことを公にすれば、芸能マスコミが飛びつくだろう。騒ぎを避けようとして、三谷監督は「一般女性」と発表したようだ。いずれにせよ、yumaが文系の年上が好みということだけは間違いなさそうだ。

(引用:日刊ゲンダイ)

————————————————

yuma1

yuma2

当時のyumaさんは19歳。映画公開後も辻さんはyumaさんの歌をプロデュースしていたそうですし、辻さんは女癖が悪いとも評判なので、三谷さん的にはもちろん知っていたに違いないでしょう。

そうなれば「一般女性」と紹介し、素性を明かさなかったのも納得ですよね。

yumaさんとは、2008年に公開された『ザ・マジックアワー』の制作にyumaさんが関わっていて知り合ったそうです。

それにしても、普通に考えたら、同じ業界だけに気まずいのでは…?と余計な心配をしてしまうところ。

お互いに名前は知っているでしょうし、耳にも入りますからねぇ。

 

このニュースに対し、ネットの反応は

★小林聡美より全然キレイwww

★魔性の女だね…

★それだけ才能のある人にとっては魅力的な人なのでしょう。

★小林聡美とほんとにお似合いだったのに。

★今度は離婚しないでね

などのコメントが。

 

お互い嫌いあってわけではなかったのに小林聡美さんと離婚。

好感度高い夫婦だっただけに、イメージダウンだったでしょう。

才能はあるけど、変人なイメージの三谷幸喜さん。

今回の映画『清須会議』もヒットしているようですが、打ち上げには主要女優である鈴木京香さんも中谷美紀さんも剛力彩芽さんも欠席したそうで、単純にスケジュールが合わなかっただけかもしれませんが、何か確執があるのかもしれませんね…

 

 

LINEで送る
Pocket


スポンサードリンク



follow us in feedly

 
     
  • 芸能広場


PAGE TOP ↑