【美容/ビューティー】気になるかかとケア、どうしてる?

公開日: : 最終更新日:2013/10/11 ビューティー , , ,

夏はサンダルを履くとき見えるから意識するけれど、冬はカサカサひっかかる…
自分の足の裏をみて驚いた経験はありませんか?
気になるかかとのケア、みんなはどうしているのでしょうか。

123


———————————————————————–

かかとがカサついていると、ストッキングが伝線してしまったり、
かゆみが我慢できなかったりして、つらいですよね。
秋から冬へ向けて増えてくる、「かかとのカサつき」のお悩み。
みなさんはどんな対処法でカサつきを撃退しているのでしょうか?
働く女性に、アンケートで聞いてみました!

Q. あなたは、かかとのカサつきに対して、何かケアをしていますか?
している 51.6%
していない 48.4%

■“削らない”ケア
・「角質を溶かす尿素入りのクリームを使う」(29歳女性/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「ベビーフットなどをときどき使用している」(33歳女性/その他専門サービス/事務系専門職)
・「かかとのポロポロが剥がれていくというジェルを使って、そのあと保湿剤を塗ってしっとりかかとを保っています」(33歳女性/金融・証券/専門職)

削らなくても角質がとれる美容ケア用品に、最近人気が集まっているようです。

■“削る”ケア
・「お風呂で垢こすりしたあと、お風呂上がりにボディクリームを塗ります」(28歳女性/学校・教育関連/事務系専門職)
・「軽石で同じ方向にこする。クリームをたっぷり塗る」(27歳女性/電機/技術職)
・「ボディスクラブでこする」(26歳女性/情報・IT/事務系専門職)

昔からあるのが、かたくなった角質を削って落とす方法。削ったあとは、しっかり保湿も大事です。

■かかと用の靴下
・「かかと保湿靴下を履く」(26歳女性/小売店/販売職・サービス系)
・「クリームを塗ってシルクの靴下を履いて寝る」(33歳女性/建設・土木/秘書・アシスタント職)
・「かかとがつるつるになる靴下を履いている」(28歳女性/生保・損保/専門職)

履いているだけでかかとがつるつるになる靴下を愛用している人も! みなさん、やっぱり困っているということなんですね。

■保湿
・「お風呂上がり、水分を失う前にボディクリームを塗る」(29歳女性/医薬品・化粧品/専門職)
・「尿素入りのクリームでパックする」(32歳女性/金融・証券/事務系専門職)

カサつきは、肌から水分が逃げ、肌が乾燥してしまうことからはじまります。
だから保湿はマストですね。
(マイナビウーマン)

———————————————————————–

風水的にも足の裏は、地面からのエネルギーが一番多く入ってくるパーツ。
乾燥してカサカサのままにしておくと、大地からのエネルギーをスムーズに
取り込めずに停滞したり、汚れた足の裏を通じて汚れたエネルギーを取り入れてしまうなんてことも。
足の裏のケアを怠ると、恋愛・金運・仕事運、さまざまな運気を下げる原因になってしまいますのでご注意を。
角質をキレイにするのはもちろん、足の裏のマッサージや足の指を広げたり足の裏を伸ばしたりして血行をよくすることも大事です。
足裏美人は、運気アップのはじまりですね!

LINEで送る
Pocket


スポンサードリンク


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


follow us in feedly

 
     
  • 芸能広場

PAGE TOP ↑